SNSはこちら

伊坂幸太郎 『ペッパーズ・ゴースト』を買いました(初回限定盤は直筆ポストカード付き)

ショートエッセイ

伊坂幸太郎 『ペッパーズ・ゴースト』

初回限定版を購入しました

これから文庫短編集のレビューをしていくぞ!と張り切っていた矢先・・・

そういえば、伊坂幸太郎さんの新作がでていたなと、
先月から書店のポスターでずっと気になっていたので
早速売り場を見に行きました!

10月1日発売の

伊坂幸太郎氏による完全書き下ろし長編小説にして最新の単行本となる

『ペッパーズ・ゴースト』

初回限定版ポストカード付き・・・!

すぐに購入しました。

ポストカードは、本の中に挟んであって、

伊坂さんの直筆(コピー)のメッセージが書いてあります!

これは寝るときには読めないので
完全覚醒モードで読みます。

ハードカバーで長編。

やっぱり素敵だなあ。

装丁がまず格好良いけれど、
読んだらまたこのデザインに意味がでてくることも楽しみです。

『ペッパーズ・ゴースト』ってなに?

ところで、『ペッパーズ・ゴースト』とはどういう意味なんでしょうか?

調べてみると・・・

劇場などで使用される“視覚トリック”とあります。

そこにいない幽霊を出現させたり消したりする手法。

このタイトルが何を意味しているのか楽しみでなりません。

伊坂幸太郎さんとの出会い

小説を、発売間もなく手にするのって初めてかもしれない。

いつも、散々いろんな方のレビューがでていたり、

売れてます!状態のものをそろりそろりと買い集めるのです。

伊坂幸太郎さん

あちこちで著名人の方々が、

“好きな作家さん”のお名前に挙げられるので

名前だけずっと知っている状態で、

今年読んだ「終末のフール」が初読書となりました。

初めて読んだのは「終末のフール」

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。

そう予告されてから五年が過ぎて人々はどんな考えで

どんな行動をするのか、、

仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たち、

いろんな家族の中の

視点が異なる主人公たちの物語を繋いでいきます。

・終末のフール
・太陽のシール
・籠城のビール
・冬眠のガール
・鋼鉄のウール
・天体のヨール
・演劇のオール
・深海のポール

と、韻を踏んでいる目次。

絶望の中で、自ら破滅を選ぶ人、最後の瞬間まであがく人。

終末を前にして新たに生まれる命を、終末を待たずにこの世から去ろうとする人をどう捉えるか。

私はやっぱり「籠城のビール」のお話が一番好きでした。

「3652―伊坂幸太郎エッセイ集」読書中

そして今現在は「3652―伊坂幸太郎エッセイ集」を、読書中です。

伊坂さん本人の補足説明でエッセイ執筆当時の心境などが書いてあり、すごく楽しめます。

いつも、入眠前の本は

短編集を何冊も一話ずつ読み渡っていきます。

その中に、ときおり

エッセイも挟んでいたり。

フィクションと、リアリティとを

行き来するのが楽しいんですよね。

「終末のフール」についても
のちのち感想を載せようと思うのですが、

きっかけはYouTube

読書のきっかけはYouTubeでした。

声優さんが、朗読をしてくれるチャンネル。

「よまにゃチャンネル集英社文庫」

で、声優の斉藤壮馬さんが読む「籠城のビール」前編 を見まして

これは続きが読みたい!と書店に走り寝る前に1話ずつというペースで読みました。

伊坂さんのお話はすごーく読みやすくて

ごくごく飲める本といった感じ。

フラットなテンションが安心するというか。

まだこれだけしか読んでいないので、

私が立っているのは、伊坂ワールドのほんの入口というところですが

これから伊坂さんの本が書棚に増えていくと思うとわくわくします。

『ペッパーズ・ゴースト』は、我慢できずに買ってすぐ
20pくらい読みました。

これからこのお話にどっぷりと入り込んでいけると思うと
楽しみでなりません。

しばらく仕事に追われた後、
ご褒美的な時間に読みたいと思います!