SNSはこちら

3分で読める! コーヒーブレイクに読む喫茶店の物語 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)読了!

短編集

3分で読める! コーヒーブレイクに読む喫茶店の物語 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)からの喫茶店にまつわるあれこれ

喫茶店を愛す。

喫茶店が好きだ。

 

カフェももちろん、そして純喫茶。

 

単にコーヒーを飲むだけではない

人間の時間が、そこに訪れた人の分幾重にも蓄積されているような感じがする空間。

 

周りの席から聞こえる数々の人間模様。

 

写真を取り合う恋人たち。

キャバクラの面接。

合コンの反省会。

別れ話。

 

一人で本を読むのもいいし

手帳を広げてゆっくり思考をまとめたり

勉強に集中したり

仕事を済ませたり。

 

そこにいる人達が、それぞれ思い思いに過ごしている

その多様さがどんな人もここに居ていい、というような安心感をくれる。

 

純喫茶は好きだけど喫煙はしない。

それでも副流煙を凌駕する魅力がそこにあるからたばこを吸わない同士の友人ともよく通った。

 

通い慣れてくると

お互いにいつもここで会いますねと

会話はなくとも、視界の端っこで捉えあっているような人もいる。

いつも一人で黙々と勉強している彼が

友人と訪れたときはこんなに喋るのかと驚いてみたり。

 

「ちょっとコーヒー飲んでいこうか」と、

誘うのも誘われるのもとても癒やされるものだったと気づく。

 

そんな喫茶店に

2020年を境にふらっと立ち寄るということがなくなった。

物凄く空いている時間とか

割りと緊張感とともに訪れる場所になってしまった。

 

そんな中、私の喫茶店欲を抱きとめてくれたのがこの本です。

参加著者/収録作品

岡崎琢磨「フレンチプレスといくつかの嘘」

佐藤青南「おみくじ器の予言」

柊サナカ「婚活ドリームチーム」

城山真一「新花のあんばい」

志駕 晃「珈琲占い」

七尾与史「全裸刑事チャーリー股間カフェ」

蝉川夏哉「アットホームじゃない職場」

柏てん「高架下の喫茶店」

友井 羊「麻野と理恵の謎解きカフェごはん」

黒崎リク「銀河喫茶の夜」

青山美智子「アンコール」

 

乾 緑郎「ピートの春、その後」

Swind「雨の日のモーニング」

三好昌子「迷庵にて」

塔山 郁「儲け話」

梶永正史「睡魔」

高橋由太「おじいさんと猫の喫茶店」

深沢 仁「鳥籠」

堀内公太郎「子供お断り」

山本巧次「シュテファン広場のカフェ」

岩木一麻「一杯のための物語」

沢木まひろ「最高の寝床」

喜多喜久「喫茶「交差点」のドッペルゲンガー」

降田 天「モンブラン死すべし」

海堂 尊「「愚痴喫茶」顛末記」

喫茶店からは無限に物語がうまれてくる。


喫茶店を舞台に繰り広げられる

25名の豪華作家陣による、書き下ろしショート・ストーリー。

 

アプローチはあらゆる角度から。

 

ファンタジーあり、ミステリーあり、恋愛あり、家族愛あり。

 

まるで、喫茶店のずっしりとしたメニュー表に書いてある

コーヒーや生ジュースなどのわくわくするくらい豊富なバリエーションのように

喫茶店から生まれる多種多様なストーリーたち。

 

喫茶店には秘密が溢れている。

学校でできない話、職場で家庭では話しにくいあれこれ。

 

学校近くのカフェやファストフード店では

同級生に会ってしまうからと

高校生時代に、こっそり大人の領域に忍び込むような気持ちで

地下にひっそりとある喫茶店でした恋バナを思い出す。

 

学校の中で毎日同じ友達と話しているのに、

赤いベロアのなめらかな布が貼ってある椅子と

頭上のスポットライトが照らすテカテカしたテーブル。

 

苦いものを飲みに来る場所という

危険な香り。

 

それだけでなんだか高揚して、

まだ飲み慣れていないコーヒーのカフェインによる刺激もともなって

 

すごく有益な話をしているような感覚に陥る。

だけど実際は、お互いの好きな人について

ぎゃあぎゃあ言っているだけの

大人要素のまるでない会話。

 

それでも、そのシチュエーションは

ドラマみたいなストーリーが自分たちにも起こるかもと

思わせてくれるような

ムードに溢れていた。

 

喫茶店回顧録

自分の中で喫茶店にまつわる思い出は数知れず。

 

気になる人と付き合おうかとかいう話は

Barとかだったけど(私がお酒大好き人間だったせい。)

 

別れ話は外ではしたことがなくて

いつもどちらかの家。

 

でも、よりを戻す話は喫茶店だった。

 

私は、まるでバイトの面接にでも向かうような最大級の緊張感で

待ち合わせの喫茶店に向かう。

 

数々のすれ違いにより「一旦距離をおこう」と言われたのは

3ヶ月前。

そのことを友人たちに報告したときは

もうそれはお別れということでしょうとみんなの意見が恐ろしいほど揃った。

 

私も、99.9%そういうことだろうと思い

3ヶ月後「話したいです。」との連絡があって、再会を決めたその日。

彼が家に残した荷物をすべて大きな紙袋にいれて持参することにした。

 

5年ほど行ったり来たりを繰り返していたので、

コートを買ったときの紙袋でも収まらず

コストコのバッグという異様なデカさの荷物になった。

 

まず、その大荷物で登場した私を見て、彼が吹き出した。

 

私は彼より年上だったので

冷静に考えれば、もっと洗練された姿で最後の別れの時間を過ごすべきだった。

 

だけど、きっぱり別れたあとで、あの荷物がどうこうみたいな

ずるずるするのだけは本当に嫌だったので、

そんな格好に。

 

まず、彼の待つ席は二人分の席だったので

その大きすぎる荷物の置き場がなく

4人席に移った。

 

その時点でなんか意味の分からないひと手間をかける。

最後の最後まで、私はこの人のペースを崩し続ける女。

 

速攻自己嫌悪が襲ってくる。

 

そして、彼はブラックコーヒーを。

私もいつもは同じブラックコーヒーにするのに

「最後のお揃い」になるのが嫌で

ココアを注文。

 

その瞬間、「えっ」と驚いた彼の顔を今でも覚えている。

 

そして、ぽつりぽつりとこの3ヶ月間彼が一人で考えた経緯を話される。

 

・親戚中に反対された。(彼はとても良家のお方だった。)

・親が勧める占いにいった。(彼の母親の友人が占い師。)そこで、年上の女は絶対にだめとか、その女(私)と付き合ってから人相が変わったと言われた。悪いものが憑いている。←え?私?

・何を考えているかわからない。(私が)

・いつも僕に合わせてばかり。(私が)

 

そう、よくメモもなしに箇条書きのように私に説明するものだと

感心すらした。

 

 

そして結論。

 

 

「やり直したい。もう一度付き合ってほしい。」

 

ええええええ

どういう道筋でそんな結論に!?

 

私は彼が大好きすぎたので

これは幻聴かもしれないと思った。

 

しかし彼の顔は真剣だ。

 

「なんで」

絞り出す情けない声。

 

彼の中では、そういうマイナス要素を克服したいという思いが勝ったらしい。

 

何でも言い合える関係に。

周りに認めてもらえるよう二人で努力する。

占いの結果は、私のせいじゃなくて覚悟を決めきれなかった僕のせい。

 

そ、そうかあ。

0.01%の希望が叶った。

 

帰り道、バカみたいに重い

コストコのバッグを彼がうちまで運んでくれた。

 

あの喫茶店はまだあるだろうか。

created by Rinker
¥1,100 (2022/09/28 11:56:44時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,320 (2022/09/28 14:33:09時点 楽天市場調べ-詳細)

3分で読める! コーヒーブレイクに読む喫茶店の物語宝島社文庫

3分で読める! コーヒーブレイクに読む喫茶店の物語

著者:『このミステリーがすごい!』編集部 編

発売日:2020年6月4日
価格:748円(税込)

判型:文庫判
ページ数:288P

25名の豪華作家陣による、書き下ろしショート・ストーリー!

青山美智子乾 緑郎岩木一麻岡崎琢磨海堂 尊

柏てん梶永正史喜多喜久黒崎リク佐藤青南

沢木まひろ志駕 晃城山真一Swind蝉川夏哉

高橋由太塔山 郁友井 羊七尾与史柊サナカ

深沢 仁降田 天堀内公太郎三好昌子山本巧次

※名前は五十音順

コーヒーを片手に読みたい、喫茶店にまつわるショートショート・アンソロジー。“チーム・バチスタ”シリーズの田口先生が喫茶店を開く?「『愚痴喫茶』顛末記」海堂尊。喫茶店で大好きな彼に別れ話を切り出される「フレンチプレスといくつかの嘘」岡崎琢磨。誰もが試したことがあるのでは? あのおみくじ器が主役の「おみくじ器の予言」佐藤青南など。3分で心揺さぶられる物語、25作品を収録。

青山美智子(あおやま・みちこ)

一九七〇年生まれ、愛知県出身。横浜市在住。大学卒業後、シドニーの日系新聞社で記者として勤務。2年間のオーストラリア生活ののち帰国、上京。出版社で雑誌編集者を経て執筆活動に入る。第28回パレットノベル大賞(小学館)佳作受賞。デビュー作『木曜日にはココアを』(宝島社)が、第一回宮崎本対象を受賞。同作と2作目『猫のお告げは樹の下で』(宝島社)が未来屋小説大賞入賞。最新作『鎌倉うずまき案内所』(宝島社)が、好評発売中。

出典:3分で読める! コーヒーブレイクに読む喫茶店の物語宝島社文庫

/著作

created by Rinker
¥1,650 (2022/09/28 18:59:33時点 楽天市場調べ-詳細)

乾 緑郎(いぬい・ろくろう)

一九七一年、東京都生まれ。『完全なる首長竜の日』(宝島社)にて第九回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞。『忍び外伝』で第二回朝日時代小説大賞も受賞し、新人賞二冠を達成した。『忍び秘伝』(文庫化に際して『塞の巫女』に改題)にて、第十五回大藪春彦賞の候補作に選出される。他の著書に、『海島の眠るホテル』『鷹野鍼灸院の事件簿 謎に刺す鍼、心に点す炎』(以上、宝島社)『機巧のイヴ』シリーズ(新潮社)、『思い出は満たされないまま』(集英社)、『僕たちのアラル』(KADOKAWA)、『悪党町奴夢散際』(幻冬舎)、『ツキノネ』(祥伝社)などがある。

出典:3分で読める! コーヒーブレイクに読む喫茶店の物語宝島社文庫

/著作

created by Rinker
¥557 (2022/09/29 01:07:53時点 楽天市場調べ-詳細)

岩木一麻/著作

created by Rinker
¥1,925 (2022/09/29 01:07:53時点 楽天市場調べ-詳細)

岡崎琢磨/著作

created by Rinker
¥1,650 (2022/09/29 01:07:54時点 楽天市場調べ-詳細)

海堂 尊/著作

柏てん/著作

梶永正史/著作

created by Rinker
¥748 (2022/09/28 03:57:37時点 楽天市場調べ-詳細)

喜多喜久/著作

created by Rinker
¥715 (2022/09/28 03:57:38時点 楽天市場調べ-詳細)

黒崎リク/著作

佐藤青南/著作

created by Rinker
¥814 (2022/09/28 03:58:03時点 楽天市場調べ-詳細)

沢木まひろ/著作

志駕 晃/著作

城山真一/著作

created by Rinker
¥1,815 (2022/09/28 03:58:35時点 楽天市場調べ-詳細)

Swind/著作

created by Rinker
¥660 (2022/09/28 18:59:33時点 楽天市場調べ-詳細)

蝉川夏哉/著作

created by Rinker
¥638 (2022/09/28 18:59:33時点 楽天市場調べ-詳細)

高橋由太/著作

塔山 郁/著作

友井 羊/著作

七尾与史/著作

created by Rinker
¥1,980 (2022/09/29 01:53:20時点 楽天市場調べ-詳細)

柊サナカ/著作

深沢 仁/著作

降田 天/著作

堀内公太郎/著作

三好昌子/著作

山本巧次/著作