24時間テレビ

メンタル

浅田真央とWANIMAの「やってみよう」がなぜハマるのか?24時間テレビで少年少女たちと共有した想い~浅田真央 そして、その瞬間へ~(書評ブログ)

「やってみよう」その気持を持ち続けた浅田真央20歳から22歳までの記録。今年(2019)の24時間テレビ浅田真央はチャリティーパーソナリティーを務めるとともに立川ろう学校の生徒たちとともに見事なまでのタップダンスを披露した。 WANIMAの「やってみよう」はまさに浅田真央とろう学校の、生徒たちを繋ぐキーワード
メンタル

24時間テレビに思う~浅田真央の笑顔は何故こんなにも人々の心を救うのか?~ 浅田真央 さらなる高みへ 書評ブログ

浅田真央にライバルはいない。 世間がどう騒ぎ立てようと、我関せずといわんばかりのマイペースな表情。 それも彼女を「天才」と言わせてしまう一因でもあるが 浅田真央にライバルはいない。世間がどう騒ぎ立てようと、我関せずといわんばかりのマイペースな表情。それも彼女を「天才」と言わせてしまう一因でもあるがその「天才少女」という言葉にさえ彼女は踊らされはしない。「天才」という言葉は、「いっぱい努力して偉かったね」という褒め言葉だと思うことにした。
ジャニーズ

嵐 5×20 ベストアルバム全曲レビュー⑥disc2 (4~7)

嵐の20周年を記念したベストアルバム「ARASHI5×20 ALL BEST!! 1999-2019」から紐解く。嵐のグループイメージが劇的に変わっていく時代へ突入.青年期の沸々としたジレンマがロックで表現されていたような嵐から圧倒的な多幸感を体現するポップスターへ。 嵐の楽曲の幅の広さが勢いをつけて拡大していく。
ジャニーズ

嵐 5×20 ベストアルバム全曲レビュー⑤disc2 (1~3)

嵐の20周年を記念して発売されたベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」累計161万枚を突破しダブルミリオンにも迫る勢い。20周年の今年6年ぶり5回目の24時間テレビのメインパーソナリティーを務め、活躍の勢い増す。2020年をもって活動休止に入る彼らの存在は音楽史に何を残したか。
ジャニーズ

嵐 5×20 ベストアルバム全曲レビュー④disc1 (14~16)

嵐の20年をシングル曲で振り返る全曲レビュー。やっとdisc1のラストです。 この時代にしか表現できない感情をひとつひとつ、音楽という記録に 残してきたその歩みを「ARASHI5×20 ALL BEST!! 1999-2019」から 紐解くべくレビューしていきます。
ジャニーズ

嵐 5×20 ベストアルバム全曲レビュー③disc1 (10~13)

「嵐らしさ」「嵐」というひとつの人格。 それを形作ってきたのが一つ一つの楽曲で語られてきたストーリー。積み重ねてきた感情の連なり。でもあるだろう。ジェイ・ストーム発足から、堀が深くなっていく「嵐らしさ」について、「ARASHI5×20 ALL BEST!! 1999-2019」から紐解くべくレビューしていきます。
ジャニーズ

嵐 5×20 ベストアルバム全曲レビュー②disc1 (4~9)

「ARASHI5×20 ALL BEST!! 1999-2019」を全曲レビューしてみました。 嵐のシングルで振り返る20年。アイドルの楽曲に含まれるその時その時の時代の空気感、それが音楽とともに残っていくことこそが文化だと思います。 ぜひ嵐の歩みとともに紐解いきましょう。
ジャニーズ

嵐 5×20 ベストアルバム全曲レビュー①disc1 (1~3)

「ARASHI5×20 ALL BEST!! 1999-2019」を全曲レビューしてみました。 嵐のシングルで振り返る20年。アイドルの楽曲に含まれるその時その時の時代の空気感、それが音楽とともに残っていくことこそが文化だと思います。ぜひ嵐の歩みとともに紐解いきましょう。