SNSはこちら

面白いエッセイが読みたい3/将棋棋士・アナウンサー・シャンソン歌手・ホスト・ハンター・翻訳家・多様な職業から見える世界

Melk HagelslagによるPixabayからの画像 エッセイ
Melk HagelslagによるPixabayからの画像

1度の人生の中で、知れる世界は限られている。だからいろんな別の人生を生きる人のエッセイを読むのが楽しい。

エッセイの読み方として、私はなるべく幅広く読みたい。

しかも、まだその方の内面についてよく知らないほどに

1冊のエッセイを読み終わったときに

イメージがガラッと変わってしまう、そんな体験が面白いと思う。

なので、この方もエッセイを出しているんだー、くらいの感覚で気軽に飛びつきます。

その逆で、気になっている方のエッセイを読んで

読む前よりもっと好きになることもある。

どちらの読み方も、結局は楽しい。

1度の人生の中で、どんなに転職を繰り返しても

知れる世界は限られているし

むしろ転職を繰り返すのではなく、一つの物事を深く深く探究していく人生となると、

いくつもの世界を渡り歩いていくというのは難しい。

だから、私はエッセイやドキュメンタリー、インタビュー記事を読むのが大好きです。

SNSで色んな人の人生を断片的に覗いていくのも面白いのですが、

長文でしっかり読ませてくれるというこの体験は

深く脳に刻まれて、人生の中でふとした瞬間に

そこに書かれていた言葉を思い出したりして、助けられることが多々あります。

そんな意味だけでなく、ただただ知らない世界のことを知るのが面白い。

そんなエッセイたちを、少しずつ紹介していきます。

  1. 将棋棋士エッセイ
    1. 羽生善治 迷いながら、強くなる :三笠書房
      1. 羽生善治九段インタビュー・記事
    2. 年齢は気になるが諦める理由ではない。
  2. バレエダンサーエッセイ
    1. 草刈 民代 バレエ漬け :幻冬舎
      1. 草刈民代さん インタビュー・記事
  3. アナウンサーエッセイ
    1. 桝 太一 理系アナ桝太一の 生物部な毎日 (岩波ジュニア新書) 
      1. 桝 太一 インタビュー・記事
    2. 宇垣美里 1stフォトエッセイ 風をたべる 宇垣 美里
    3. 宇垣 美里 愛しのショコラ 
      1. 宇垣 美里 インタビュー・記事
  4. ホストのエッセイ
    1. [ ROLAND ] 俺か、俺以外か。 ローランドという生き方 
      1. ローランド インタビュー・記事
  5. オペラ歌手エッセイ
    1. パリ仕込みお料理ノート (文春文庫) [ 石井 好子 ]
      1. 石井好子 インタビュー・記事
  6. ハンターのエッセイ
    1. クマにあったらどうするか アイヌ民族最後の狩人姉崎等 (ちくま文庫) [ 姉崎等 ]
  7. 翻訳家エッセイ
    1. 字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ [ 太田直子 ]
  8. おすすめエッセイ一覧
          1. 小説家エッセイ
          2. お笑い芸人、構成作家エッセイ
          3. 俳優エッセイ
          4. 漫画家エッセイ
          5. スポーツ選手エッセイ
          6. 将棋棋士エッセイ
          7. 翻訳家エッセイ
          8. シャンソン歌手エッセイ
          9. バレエダンサーエッセイ
          10. 詩人エッセイ
          11. アナウンサーエッセイ
          12. ホストのエッセイ
          13. ハンターのエッセイ
          14. 物理学者のエッセイ
          15. 旅行エッセイ
          16. 音楽家エッセイ
          17. エッセイ漫画

将棋棋士エッセイ

羽生善治 迷いながら、強くなる :三笠書房

将棋についてわからなくても、全然問題ない。

これは、12歳からずっと「将棋」を通して

世界を、人生を、ひたすら己の頭で考え

体当たりの経験で培ってきた羽生善治九段の精神力の中身を書き綴ったものです。

「迷う」ことで強くなるとは。

人はだれも、子供だからとか大人だからとか関係なく迷うもの。悩むもの。

答えが出るものもあれば、いつまでたっても答えが見つからないものもある。

もし答えが見つからなくても、考えた時間に価値がある。

迷う時間に価値がある。

自分の頭で考える。そのことは、たしかに自分の力となり

その後の自分の人生を意外な形でときに支えていく。

間違いさえも無駄じゃない。

そのミス一つとっても、役に立つ瞬間があって

そこを通ったから見えてくる景色があって、

「正解」とか「ノーミス」とかゆうものに

ともすれば、飛びついてしまう私達に勇気をくれる。

今迷っている人、人生の選択に悩んでいる人に読んでもらいたい本です。

「全勝は想定していなかった」 羽生九段が藤井王将への挑戦権獲得

↑こちらの記者会見の中でこの2年間、

タイトル戦への挑戦が叶わなかったことや、

そこから復調していく中での心の持ち方が語られています。

 

藤井聡太王将との世代差がある対戦は、(第一線で戦う期間が重なるかどうかという難しさがあり)実現が難しいこと。

50代での戦いへの挑み方など羽生九段の言葉が冷静でしかし熱さ、というか将棋への真摯な向き合い方が溢れておりました。

 

年代に差があると、檜舞台での対戦実現はすれ違うことがあるが、

そのすれ違いを回避出来てよかった。と、おっしゃっておりますが

それはまさに、羽生九段が記者からの質問が繰り返されるように

50代での戦いという、年齢との向き合い方もありながら

それで諦めるのではなく、「目の前の一局に集中する。」

それを繰り返してここまで歩んでこられたから実現できたことであり、

戦い続け、自身の将棋を模索し続けた弛まぬ日々があってこその

夢の対戦なのだと思いました。

 

 

 

 

 

 

年齢は気になるが諦める理由ではない。

記者から繰り返し質問される年齢のこと。

将棋に限らず多くの世界で

20代とか30代の若者に対しては信じられる、成長だったり挑戦力、勝ち上がる力。

それが、年齢とともに下降していくもの、

挑戦するのは若者の仕事、というような固定概念があるのだと思った。

「自身ののびしろを感じていますか?」という質問に

大抵の大人は挑戦することをやめるのに

あなたはなぜまだ挑戦するのですか?

という、声が潜んでいる気がする。

だけどそれは、本当は信じたいことでもある。

どの年代の人にもいくらでも可能性というものが存在するということを。

挑戦を、成長を、若者ばかりに押し付けるのではなく

一生誰もが、自身の価値を感じることに打ち込める、それが当たり前になればいいのに。

20代だから、50代だからじゃない。

「目の前の一局に集中する。」その言葉に

すべてが詰まっている。

 

何歳だからどうするか、じゃない。

自分が何をして生きていたいのか、それだけだ。

 

私には、そう聞こえました。

バレエダンサーエッセイ

 

草刈 民代 バレエ漬け :幻冬舎

 

created by Rinker
¥544 (2022/12/08 05:03:54時点 楽天市場調べ-詳細)

最近では女優さんとしてのイメージが強かった草刈さんの

バレエダンサーとしての日々を、

幼少の頃から辿っていく自伝的エッセイ。

いつも気品に満ちていて、心穏やかな人なのだろうとか、

洗練された女性というイメージだったのですが、

バレエを始めた頃の、闘争心に燃える心や

三姉妹の中での立ち位置など、

意外なことばかりで、本当に外側から見ているだけでは

人のことは一部しかわからないものだと思いました。

踊ることに対してのストイックさを

同じようにこのエッセイの執筆にも向けられた草刈さん。

なぜ踊るのか。なぜ日本でやるのか。

その問いを抱えながら

何故、というそれに答える以上に

ひたむきに突進していくような勢いで

踊りと向き合っていく。

誰かを納得させる答え以上に

自身が「踊り」に強烈に惹かれていること。

そんな自分に素直になっていくこと。

読む前の想像以上に熱く、人生ごとぶつかって書き上げたというようなエッセイでした。

アナウンサーエッセイ

桝 太一 理系アナ桝太一の 生物部な毎日 (岩波ジュニア新書) 

「理系魂で困難に立ち向かってきた日々を語る、人気No.1生物オタクアナの「ムシ熱い」青春記。」という、面白いコピーが付いている

元日本テレビアナウンサーで現フリーアナウンサーである桝太一さんの

生き物に捧げた日々を振り返る青春記です。

岩波ジュニア新書から出版されており、学校での課題にもなる本ですが

大人も十分楽しめる濃い内容です。

生き物に魅せられていく子供時代の想い出から

生物の研究に明け暮れた学生時代、

そしてアナウンサーになってからも身を助けてくれたのは

生き物と歩んだ日々。

特に、「エンタの神様」の番組収録の前説で笑いをとるという、困難にぶつかった新人アナウンサー時代のエピソードが印象的で

「笑いを取る」という、本来アナウンサーの仕事なのかというような場面でも、できなかったことを振り返り、

投げ出すことなく、「研究熱心」というその能力を発揮し

ロジックを積み上げていき、今では誰もが安心して桝さんのトーク術で本気で笑っているよね、というところまで探究している。

そのすべてが、生き物の研究に没頭した日々に得た感覚と経験に裏付けられている。

それはきっと、「生き物の研究」に限らず

なにか一つのことに没頭して、沢山失敗を繰り返しながらひたすらに突き詰めた経験というものは、その対象が何であれ、

その後の自分を救う時が来る。

その考えは、前述の羽生九段にも通づるところがあり、とても熱いエッセイです。

宇垣美里 1stフォトエッセイ 風をたべる 宇垣 美里

宇垣美里さんという稀有な人物はどのようにして出来上がっていったのか。

幼少期のエピソードからはじまり、

その奥深さ、内部に持っている知識と情熱とユーモアのその宇宙を

少しずつ私達に見せてくれる。

好きなものに対する素直さ。

どこまでも掘り下げて愛していくその探究心。

自分の考えをはっきりと言葉にしていくその度胸と反骨精神。

読む前から好きですが、読んだらもっと宇垣さんのことが好きになりました。

宇垣 美里 愛しのショコラ 

created by Rinker
¥1,980 (2022/12/07 22:34:24時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらは、単に宇垣さんが大好きなチョコレートというたべものについて

紹介します、というだけではないフォトエッセイです。

うっとりした表情で、愛するショコラたちとともに映る

グラビアページも、とても可愛くて美しい。

そして、宇垣さんとチョコレートの

親密でいて、甘くてときに切ない思い出がぎゅっとつまったお話が次々に語られていきます。

チョコレートという食べ物の物語性を感じる、心に溶け出していくような

その文章たちは、宇垣さんが人生の端々で

チョコレートを味わうことで乗り越えてきた時間。

感情と記憶と紐づきながら、どんどん濃密になるチョコレートへの愛情。

宇垣さんチョイスの

チョコレートにまつわる漫画や小説、映画なども紹介されており

とても内容の濃いエッセイです。

ホストのエッセイ

[ ROLAND ] 俺か、俺以外か。 ローランドという生き方 

created by Rinker
¥1,540 (2022/12/07 22:34:24時点 楽天市場調べ-詳細)

世の中には二種類の男しかいない。

俺か、俺以外か。

出典:[ ROLAND ] 俺か、俺以外か。 ローランドという生き方  KADOKAWA

こちらは歌舞伎町の有名ホストであるローランドさんの

あの名言の数々を紹介するとともに、

その真意についての本人による解説が聞けたり、

どのようにしてローランドという稀有な人物が出来上がっていったのかを生誕から振り返りながら

そのマインドを深く掘り下げていく

自伝的エッセイともいえる本です。

 

 

100人が100人ダメと言っても、その100人全員が間違えてるかもしれないじゃないか。

出典:[ ROLAND ] 俺か、俺以外か。 ローランドという生き方  KADOKAWA

というような、迷い悩む人を鼓舞するような名言から、

ヴェルサイユ宮殿行ったら、観光じゃなくて内見だと思われないか心配だなぁ

出典:[ ROLAND ] 俺か、俺以外か。 ローランドという生き方  KADOKAWA

という、くすっと笑える名言まで多種多様なものがあります。

ともすれば、自分を卑下しがち、過小評価しがちな日本人のマインドを

(それは謙遜の文化が影響しているとも思うのですが)

もっと自分軸でいいじゃない、というような

前向きさで、すべてのことをポジティブに返しながら

でも、嘘みたいに明るいというものでもなく

弱さや悔しさも赤裸々に見せる。

そんなローランドさんの言葉の力をぜひ本書で思い切り浴びてみてください。

オペラ歌手エッセイ

パリ仕込みお料理ノート (文春文庫) [ 石井 好子 ]

石井好子さんの「パリ仕込みお料理ノート」は

上記の「漫画家ごはん日誌」の中で、

漫画家・小池田マヤさんの食の世界を一変したという運命の本ということで、それを伝える情熱が凄かったので

これはどうしても知りたいと思い、真似して読んでみました。

シャンソン歌手として生活するフランスでの暮らしを主に綴るエッセイ。

こだわりの食を通してその日常が豊かに香るように伝わってきて、素敵な日々に憧れる。

知らなかったオシャレな食べ方とか、

音楽仲間との交流など、お話の内容も多岐にわたり

うっとりするような異国の世界を、親しみやすいお話から感じられます。

ハンターのエッセイ

クマにあったらどうするか アイヌ民族最後の狩人姉崎等 (ちくま文庫) [ 姉崎等 ]

この本は本当に面白くしかも泣いた。

戦前の少年時代。

生きるため。家族を養うために始めた狩猟生活。

12歳から77歳まで65年間をハンターとして生きた。

この本はクマについて書かれている知識も重要であるが、それ以上に姉崎さんの人生の記録である。

・子連れで瀕死のクマが一番怖い
・クマも死んだふりをする
・死んだと思って人間が近づいて、逆に殺られる
・走って逃げた時、一番早く走った人がやられた
・クマも人間に会いたくない

クマを撃つ人は、クマのことを誰よりも分かっている。逆に、クマのことを何も考えていない人に撃たれるほど、クマだって愚かではない。
この本の中にあるのは命、その重さそのものだ。

翻訳家エッセイ

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ [ 太田直子 ]

 

中々知り得ない映画の翻訳現場の痛快エッセイ。

業界の中の人にしかわからないはずの苦労や工夫の数々が

ユーモアたっぷりに書かれていて、感情がビシバシ伝わってくるのがめちゃくちゃ面白いです。

恥ずかしながら、太田さんの著書に出会うまで

翻訳家という仕事について内情を殆ど知らず、

きっと語学堪能で知的な方々が、ネイティブ感覚で

サラサラーっと映画のセリフを素敵な日本語にしてくれているんだという

高尚で、神秘に包まれた世界のようなぼんやりとしたイメージを抱いていました。

それが太田さんの著作を読んでみると、

映画でそのセリフを音声で喋ると同時に

それよりも短く読み終わる文の長さで

一瞬にしてこのセリフを視聴者にわからせる。

そのことが、とんでもない工夫を重ねた上での技術であること。

直訳すれば良いわけでもなく、日本語字幕には

一般的日本人に伝わる言葉であったり、

前提となっている海外の文化を踏まえてどう伝えるか。

そんな難しい戦いを迫られる上、

翻訳家のところに資料が送られてきた時点でいつも全然締切までの時間がない。

など、仕事への情熱に溢れながらも、悲痛で、でもコミカルな魂の叫びが聞こえてきます。

パッションを感じる愚痴が小気味よく全ての字幕にありがとうと叫びたくなる。

 

お笑い芸人、構成作家エッセイ

ナナメの夕暮れ (文春文庫) [ 若林 正恭 ]

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 (文春文庫) [ 若林 正恭 ]

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫) [ 若林 正恭 ]

僕の人生には事件が起きない [ 岩井 勇気 ]

どうやら僕の日常生活はまちがっている [ 岩井 勇気 ]

東京百景 ヨシモトブックス:又吉 直樹

自意識とコメディの日々 [ オークラ ]

阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし (幻冬舎文庫) 阿佐ヶ谷姉妹

・ふかわりょう 『世の中と足並みがそろわない』 – 新潮社

俳優エッセイ

大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫) [ 大泉 洋 ]

Lily –日々のカケラーー [ 石田 ゆり子 ]

THEやんごとなき雑談/KADOKAWA 中村倫也 

オーストリア滞在記(幻冬舎文庫):中谷 美紀

文・堺雅人 2 すこやかな日々 :堺 雅人:文藝春秋

フォトエッセイ「夢追い日記」浜辺美波

漫画家エッセイ

正しい欲望のススメ [ 一条ゆかり ]

恋愛少女漫画家(集英社be文庫) [ 一条ゆかり ]

一条ゆかり主義―恋愛マンガの女王様のスーパーエッセイ (JETS COMICS [ 一条ゆかり ]

少年の名はジルベール [ 竹宮惠子 ] 小学館

一度きりの大泉の話 :萩尾 望都 – 河出書房新社

ボクと、正義と、アンパンマン なんのために生まれて、なにをして生きるのか  やなせ たかし (著)

もものかんづめ (集英社文庫) [ さくらももこ ]

さるのこしかけ (集英社文庫) [ さくらももこ ]

たいのおかしら (集英社文庫) [ さくらももこ ]